一般社団法人SWJ

SWJでは、日頃の防災に関する知識習得のため日本赤十字社の「電子講習室WEBCROSS 」をお薦めします。
市民向けに講習会を実施している日本赤十字社は、緊急時や災害時に人命を救う方法や、健康で安全に暮らすための知識と技術を広めるため、動画コンテンツを無料公開しています。
検定形式とクイズ形式でポイントの解説もあり、理解度チェックも充実しています。
急に来る災害に備える「自助活動」として是非ご覧ください。

災害に備える

DISASTER PREPAREONESS

家庭でできる減災対策

はじめよう、家族で減災対策

東日本大震災では、マグニチュード9.0を記録し、非常に大きな揺れと巨大な津波によって、多くの尊い命が失われ、多くの方が被災しました。
これまでの地震対策では、被害をゼロにする「防災」が長く叫ばれてきました。しかし、阪神・淡路大震災や東日本大震災を経験した後、一人一人の日頃からの備えや心構えが被害を最小限に減らすという「減災」の考え方と、それに基づく行動がより重要になってきました。
いざ地震が起きた時、できる限り被害を少なくするために、自分自身や地域・組織でできる減災対策を立てておきましょう。

災害時に必要な3つの役割「自助」「共助」「公助」

東日本大震災では、多くの人が災害時における個々の役割の大切さを学びました。
大規模な災害の発生直後には「公助」は期待できません。行動の基本は「自助」「共助」を中心に考えることが必要です。
◆「自 助」
「自分の命は自分で守る」。全ての人が自分の身を守るために全力を尽くさなければなりません。まず、自分がケガをせずに生き残ることが基本です。
◆「共 助」
ケガをせず生き残れたら、「家族と近所の人たちと助け合う」「地域の安全はみんなで守る」。自主防災組織のような地域コミュニティを中心とした単位で、助け合いましょう。
◆「公 助」
「国や自治体、防災機関などによる救助・災害支援活動」。災害の規模が大きくなるほど公助による住民への迅速な援助は期待できません。効果的な公助の展開には発災後1週間はかかると考えておく必要があります。
 
出典『東京大震災への備え』(日本赤十字社東京都支部)
以下のサイトで、問題と講習動画がご覧いただけます。 
 

救急法

手当の基本
気道異物除去
三角巾のたたみ方・結び方(本結び)
三角巾【額・耳・前腕】
三角巾【頭頂部・肩・膝】・間接圧迫止血
三角巾【胸・下腿・手】
副子を使った固定
三角巾【固定法】
搬送・担架

幼児安全法

乳児の心肺蘇生とAED
幼児の心肺蘇生とAED
気道異物除去
包帯【ストッキング・ハンカチ】
前腕の固定

水上安全法

泳ぎの基本と自己保全・着衣泳
救助Ⅰ
救助Ⅱ
救助に必要な泳法・自己保全
救助者を守る危険回避の技術
溺者の救助
頚椎(髄)損傷の事故者への対応

健康生活支援講習

ホットタオル
起き上がりの介助・衣類の着脱
車イスの移乗・移動
歩行の介助

また、ご自宅や職場、学校に保管する冊子として、『 東京大地震への備え』(日本赤十字社東京都支部発行) をお薦めいたします。
減災について、東日本大震災の教訓などを踏まえ、災害研究の第一人者である河田惠昭氏の協力を得て作成されました。
日頃の備えや、いざというときのためにお役立てください。